+アルファ

自称【防犯防災サバイバル生活研究家】のブログ

脱サラ希望者必見! その4(知人の脱サラその後)

f:id:noriemon24:20190612093631j:plain

 

【知人の脱サラその後】

脱サラして独立開業の成功率は、

10年後生存率で5%前後で、

20年後生存率は0.5%前後と税理士の知人に聞いた事がある。

 

その話をしても脱サラ希望者は、同業他社から、就職の声がかかっているにも関わらず、すぐに脱サラする者が多かった。

 

当然、初年度は会社員時代より収入が下がる者が殆んどだ。

 

そして、何となく解っていたとはいえ、下記の通り3年後には事業を開業した者の殆んど廃業して借金返済しながらの生活になったという現実はショッキングであり残念でもあった。

 

また、廃業して暫くすると音信不通になる傾向があるので、その後を完全には追跡する事が出来なくなった。

 

そして、私の知り合いだけでも、成功して欲しいと思っていたが、独立開業後の生存率の低さが現実として確認できてしまった。

しかし、この結果を見て思うのは、街中で何気なく独立開業し継続している人たちが、いかに優秀な人たちなのだという事に気づき驚かされ改めて尊敬する。

 

 【身の回りの脱サラ、転職の3年後】

・親の飲食店経営(収入アップ)

・親の不動産店就職(収入アップ)

・親のスナック店を経営(廃業)

・飲食店就職(収入ダウン)

・タクシー運転手就職(収入ダウン)

・宅急便ドライバー就職(収入ダウン)

介護士就職(収入ダウン)

接骨院就職(収入ダウン)

・スポーツインストラクター開業(廃業)

・カウンセラー開業(廃業)

カイロプラクティック開業(廃業)

エステティックサロン開業(廃業)

・ネイルサロン開業(廃業)

・結婚相談所開業(廃業)

 

●しかし、その後、脱サラ失敗後にリベンジし収入アップして成功を収めている者が出始めた。

その大逆転した者の共通点を書いていこうと思っている。